story online

友人の死を契機に大嫌いだった生命保険業界へ ~使命を胸にライフプランナーで在り続ける~

石川 恭平Kyohei Ishikawa

プルデンシャル生命保険株式会社 横浜第一支社

主任/ライフプランナー

家族のような存在として責任を持ってライフプランナーを続けることを誓う

 ライフプランナーはフルコミッション制である。この点も石川がプルデンシャルを選んだ理由の1つである。前述した「結果は後からついてくる」が、まさに腹落ちする職種と考えたからだ。そして実際、石川は冒頭のとおりの高業績を収めるのである。

「ライフプランナーをしている一番の目的は、先ほど紹介したとおり、使命感です。ただ家族を含めこれまでお世話になった方々に還元したいとの思いもあります。いまの一番の目標は両親のために家をプレゼントすることです」

一方で、両親のために家をプレゼントするとの目標以外、将来に対する明確な目標は持っていないという。理由は、日々のやるべきことに全力で向かえていると心の底から感じられているから。まさに冒頭、保険は何のためにあるのかを1人でも多くの人に伝えるミッションが、石川がライフプランナーをしている全てなのだ。ただあえて挙げるとすれば、次のような想いがあると最後に話してくれた。

「両親の保険も見直してほしいと、独身のお客さまからご家族をご紹介いただくケースがとても多いんです。そのため自然と、お客さまの家族の一員のような存在になることが多いんです。家に招かれ食事をご馳走になり『息子が1人増えた』と嬉しいお言葉をいただくこともあります。このように私を信頼してくださるお客さまのためにも、ライフプランナーの仕事は何があっても続けていく。この使命感だけは、この先もずっと持ち続けていきます」

※Million Dollar Round Table (MDRT)とは

1927年に発足したMillion Dollar Round Table (MDRT)は、卓越した生命保険・金融プロフェッショナルの組織です。世界中の生命保険と金融サービス専門家65,000名以上が所属する独立したグローバルな組織として、500社、70カ国で会員が活躍しています。会員は専門家として豊富な知識を有し、厳しい倫理規定を遵守し、卓越した顧客サービスを提供しています。MDRT会員は国際的に生命保険と金融サービス事業の優績者であると評価されています。(2020年7月現在)

 

石川 恭平Kyohei Ishikawa

プルデンシャル生命保険株式会社 横浜第一支社

主任/ライフプランナー

1991年 埼玉県富士見市生まれ
2010年 独立行政法人 入社
2011年 東洋大学文学部(夜間) 入学
2015年 東洋大学文学部(夜間) 卒業
2018年 プルデンシャル生命保険株式会社 入社から現在に至る
(現職:主任/ライフプランナー)